CONTENTS
「名刺 シンプル」
に関連するツイート
Twitter

ミリオン5thに向けて名刺できました。 初めてなんで、シンプルに… サンプルの紙届いたら、正式に発注します、業者委託ですよ!業者委託!! だいぶ冒険してる気するけど、モーマンタイ。

Twitter P401Kita 北堀江@ミリオン5th 2日目

返信 リツイート 3分前

前作った名刺キャラ入れずにシンプルにだったけどやっぱ入れちゃうか~

Twitter syo_raibo らいぼう

返信 リツイート 14分前

シンプルイズベストってシンプルがすべからくベストな訳ではなくベストなものがシンプルなだけであって、某のシンプルは別にベストじゃないよっていう感じの。はい。名刺出来た。

シンプルなものなのに、GIMPが使いなれなくて思ったより名刺作成に時間がかかってしまった

Twitter TMKimas0429 ななしP

返信 リツイート 0:32

返信先:@pianyreiwall お疲れ様でしたー! シンプルでスタイリッシュな名刺ありがとうございました! また機会があればぜひぜひ~

名刺はめちゃくちゃ考え抜いてシンプルにしてみた こっからプリンターで印刷するのがね… pic.twitter.com/aoibMLN9Ww

Twitter tokachisuka テレサP@5th両日参加

返信 リツイート 昨日 23:25

どうでも良い事ですがP名刺を作り直すにあたってたまにクソ長いと言われていたツィッターのアドレス?を短くしました 色々悩んだのですがシンプル@oddeye810で宜しくお願いします 名前もアイコンもこのままの予定です

Twitter oddeye810 おっどあい@566336票にありがとう

返信 リツイート 昨日 23:01

RT @ytaSideM512: 名刺絵完成✨今回は☆5用にしてシンプルにしてみた pic.twitter.com/cphsh5lxcq

Twitter 0514meimeimei メイ@Mマス沼

返信 リツイート 昨日 22:57

返信先:@yuki918yuko 本日はありがとうございました! 名刺頂いたのにこちらは用意できておらず申し訳ございませんでした…! シンプルかわいいは本当に目指しているところなので、そういって頂けてとても嬉しいです!!

Twitter a_oioi_a aoi@関西コミティア52【M-68】

返信 リツイート 昨日 22:11

名刺作成秘話 実は最初凝ったデザインだったけどほかが潰れちゃう関係でシェイプアップしたらシンプルになってしまいやる気がなくなった 1ヶ月近くの努力を返して

Twitter allium_asagi あさつき@Day1現地LV

返信 リツイート 昨日 21:13

名刺のデザインを考える

シンプルな名刺の方が老若男女に好まれます

シンプルな名刺 ビジネスマンの七つ道具と言えば、真っ先に挙げられるのが名刺です。名刺こそ自社または自分のビジネス・サービスを効率よく宣伝出来る、最もミニマムなツールです。
営業職の方ばかりではなく、一般のサラリーマンやビジネスマンの方にもそういった宣伝用ツールは必須であり、偶然出会った友人や知人にも、どんどん配布していけば、思わぬところから、ビジネスチャンスが転がり込んできます。
友達の友達が最大のクライアントになった等、ビジネスの世界には面白い偶然が隠れています。不特定多数の人々に配布する名刺ですが、デザインは出来る限り、シンプルな方が好まれます。
世間では派手なデザインや個性豊かなレイアウトが流行っていますが、良い年齢のビジネスマンやビジネスウーマンが女子高生のような花柄デザインやキャラクターデザインの名刺を配布しては、どこか滑稽です。
また年配の方を中心に、派手なデザインを嫌う層も一定数いらっしゃいますし、シンプルなデザインで作成した方が老若男女問わず、配布出来ますので、応用力を意識したい方は逆に個性を捨て、モノクロのシンプルなデザインで勝負しましょう。  

クリエイティブな発想が感じられる名刺

若者のあいだでは名刺にまつわる様々な情報が積極的にやり取りされており、ビジネスの域を超えて愛用荒れるような状況となっています。中にはクリエイティブな発想で世間を驚かせるような内容まで存在していることから、将来的な部分における期待感が高い水準となっているのです。
それに加え名刺の作成がオンラインで簡単にできるようになったことで、誰もが好きな時に作成できる可能性が強くなったわけです。基本的な内容をじっくりと参照しながら、クリエイティブな発想をフル活用してみる姿勢がこれからの時代は特に大切な側面にもなるのです。
その一方でポップなデザインで話題を呼ぶ名刺に関しては、適材適所という側面も少なからず関与していくことになるので、慎重な行動を当事者はとるように努めていく部分が鉄則です。
日本が生んだ独特な文化に触れていくことで、最高の結果がどういったものであるのかを理解することにもなるのです。ベストを尽くしてまずは頑張る姿勢が大切なのです。