CONTENTS
「名刺 シンプル」
に関連するツイート
Twitter

イベント、同人活動用の名刺、ショップカード、パンフレットのデザインをリーズナブルな価格でお受けいたします。趣味で作りたい方も大歓迎!!印刷入稿まで代行致しますのでご安心ください♪ シンプルでスタイリッシュなデザインをご希望の方に特におすすめ!お気軽にDMください! #名刺

Twitterもっちぃ@管理人⌘OTHer@motty_OTHer

返信 リツイート 13分前

青い鳥が飛んでるシンプルなデザインの名刺がいい。 でも絵が描けないのだった。。

Twitterわず@伝説のえびふらい@wazdoll

返信 リツイート 36分前

名刺を作り直したい。 いまの名刺はpixiv ID入ってて正体がバレるので問題がある。 にゅむさんの作ってたみたいなシンプルなやつがえぇなぁ。

Twitterわず@伝説のえびふらい@wazdoll

返信 リツイート1 48分前

よぐもさんの名刺シンプルで最高にクールだと思うんですよ…

シンプルでかわいいけど名刺入れに5400円はきっついわ…… え、世のデキる女子はどんな名刺入れ使ってんの おいどんには無理 pic.twitter.com/dZ7j0WiNZ1

Twitter今日からりうは!!@R_iu2

返信 リツイート 21:52

そういえばそろそろはじめての名刺作ってみようと思う。 レイアウトどうしよ?🤔 シンプルに文字だけ😇

名刺入れ変えた。シンプル。小さい。これはいい✨ pic.twitter.com/LxfCcn3KvD

そういえば名刺なかったので作りましたー! メインはQRコードで、サイトへ誘導したらお役御免といことで…。 思いっきりシンプルにしてみました。 今後、自分のブランドが確立してキャラクターが出来てきたら、 リデザインしたいと思います。 今後お会いする方々、よろしくお願いします! #名刺 pic.twitter.com/xMSrJX1AkO

TwitterAtsushi Shibata / SHINKA Design@shinka_web

返信 リツイート 19:40

返信先:@Whiterochen こちらこそ名刺交換ありがとうございました!名刺は今回初めて作ったのですが、「シンプルかつ担当をアクセントに」をテーマに色々考えるのが面白かったです( ˘ω˘) 頂いた名刺シンプルなものでも凝ったものでも皆さん色々考えられて作られたことを考えると趣深いですね~

創造力がないので名刺は55*91の4号で行くとして、裏面はどうしようかな。表をシンプルなので行くつもりだから、なんかインパクトのあるものを…

Twitter4凸ティアラス・マグナ@tialas403

返信 リツイート 18:00

名刺のデザインを考える

シンプルな名刺の方が老若男女に好まれます

シンプルな名刺 ビジネスマンの七つ道具と言えば、真っ先に挙げられるのが名刺です。名刺こそ自社または自分のビジネス・サービスを効率よく宣伝出来る、最もミニマムなツールです。
営業職の方ばかりではなく、一般のサラリーマンやビジネスマンの方にもそういった宣伝用ツールは必須であり、偶然出会った友人や知人にも、どんどん配布していけば、思わぬところから、ビジネスチャンスが転がり込んできます。
友達の友達が最大のクライアントになった等、ビジネスの世界には面白い偶然が隠れています。不特定多数の人々に配布する名刺ですが、デザインは出来る限り、シンプルな方が好まれます。
世間では派手なデザインや個性豊かなレイアウトが流行っていますが、良い年齢のビジネスマンやビジネスウーマンが女子高生のような花柄デザインやキャラクターデザインの名刺を配布しては、どこか滑稽です。
また年配の方を中心に、派手なデザインを嫌う層も一定数いらっしゃいますし、シンプルなデザインで作成した方が老若男女問わず、配布出来ますので、応用力を意識したい方は逆に個性を捨て、モノクロのシンプルなデザインで勝負しましょう。  

クリエイティブな発想が感じられる名刺

若者のあいだでは名刺にまつわる様々な情報が積極的にやり取りされており、ビジネスの域を超えて愛用荒れるような状況となっています。中にはクリエイティブな発想で世間を驚かせるような内容まで存在していることから、将来的な部分における期待感が高い水準となっているのです。
それに加え名刺の作成がオンラインで簡単にできるようになったことで、誰もが好きな時に作成できる可能性が強くなったわけです。基本的な内容をじっくりと参照しながら、クリエイティブな発想をフル活用してみる姿勢がこれからの時代は特に大切な側面にもなるのです。
その一方でポップなデザインで話題を呼ぶ名刺に関しては、適材適所という側面も少なからず関与していくことになるので、慎重な行動を当事者はとるように努めていく部分が鉄則です。
日本が生んだ独特な文化に触れていくことで、最高の結果がどういったものであるのかを理解することにもなるのです。ベストを尽くしてまずは頑張る姿勢が大切なのです。