CONTENTS
「名刺 デザイン」
に関連するツイート
Twitter

フォトショで名刺デザインして帰ろ

Twitterฅ(•̀ω•́ネコっぺ@railgun_cat426

返信 リツイート 31分前

このアカウントでも自分のデザインした名刺をツイートしたかったけど個人情報の塊だからやめた😌

返信先:@NAMAKE_TEL 人柱!笑 カエレバとかデザイン崩れそうじゃないですか? 知識ゼロ‥。私もです💦昨日サーバーについて調べたけど言葉が難しくて。わけわかめーでした。 名刺作成企画などあるでしょうし無理しないでくださいね💦

Twitterむぎ@教育→雑記ブログに専念中。@muginoikuji

返信 リツイート 10:24

返信先:@editmam なるほど!挨拶がわりに作業風景を。いいですね✍️ やることリストに追加します! 何を作ろうかな。。 名刺か、ヘッダー画像か 自己紹介に使うデザインを録画するのがいいかもと思ったりしました。

Twitter安村シン ✍️ Design & Creative@shinworks_net

返信 リツイート 9:48

NEW!【横型名刺 両面カラー 北欧 triangle】 やさしい色づかいの三角模様が散りばめられた北欧風のデザインです。裏全面に絵柄が入ります。 100枚 ¥2,149(税込) bit.ly/2FEV7tA #名刺 #北欧 #名刺作成 #TSUTAFUデザイン pic.twitter.com/yc4cogfi3t

聞いてください!感動!嬉しい!やばい!!✨✨✨ あやぱゐちゃんとめぃめぃちゃんから誕生日プレゼントを頂きました😢💕 あやちゃんからはお名刺!! すごい!デザインかわいすぎる❣️ めぃめぃちゃんからは手作りキーホルダーとお手紙!!美味しそう&イラスト上手💓 本当にいつもありがとう〜👏👏 pic.twitter.com/9UN5TRiDlu

Twitterわさ尾@銀ぶら@w75_reo

返信 リツイート 8:56

もしかしたらコレクターアイテムになってる??Garakの物販にも置いてある名刺カード、またデザイン一新したよ!気になる人は是非ライブ会場でゲットしちゃって!もちろん無料だよっ!

TwitterAgentnt (Garakスタッフ)@AgentNT

返信 リツイート 8:44

外部イベントに行く度に 「う、、名刺が必要だ、、」 ってなっている✌︎('ω'✌︎ ) 個人的にいろんなデザインを見るのが好きだから良いんだけど、 いつになったら完全ネット上での名刺交換とか情報交換になるんだろか? インターネット上での交換の方が手軽で物がたまらなくて良いよね😙

Twitter朝カフェ女子会 🎈 彩@mitlilly_kkj

返信 リツイート 8:35

名刺デザイン変えたいなって思って過去データ辿って差し替えたらええやんけって、過去データ開いたらレイヤー統合して保存してた過去ぽん殴っていい?

Twitter💖ゆなぽん💖🔜CC福岡48もハンコック!@yunaDEARS

返信 リツイート 8:31

キャラデザインは5日後にお披露目します。名刺には載せていて2ヶ月前からもうかなり配っちゃってるけど

Twitterあふけ@ありがとうJMoF@afukemo900

返信 リツイート 8:31

名刺のデザインを考える

相手に印象を与えるスケルトンの名刺

相手に印象を与えるスケルトンの名刺 渡した相手に驚いてもらえる名刺として、スケルトン仕様のものが人気です。
スケルトンとは透明であったり裏が透ける素材を使ったもので、従来の名刺より見栄えが良いことから注目されています。
スケルトン仕様の名刺はどこでも作ってくれるというわけではないため、サービスを提供しているところを探してお願いします。お店によっていくつかのタイプがあり、好みや用途に応じて好きなものを選べるようになっています。
完全に透明なものを望んでいるなら、フィルムタイプで作成します。クリアフィルムにプリントするタイプで、名前などの文字だけがその場に浮き上がっているような仕上がりを楽しめます。
見づらく感じるかもしれませんが、机など何か無地のものの上に置けば文字もはっきり見えるので問題ありません。
カラー印刷をしたいのであれば、乳白色のフィルムを用いて作成します。うっすらと透けているのでスケルトン感が楽しめる上、ベースカラーの白があるおかげで原色の発色も鮮やかになります。  

これからの名刺はセンスが問われる

あなたにとって名刺とはどのようなものでしょうか。名刺に対するイメージ、考え方などは業界に役職によって大きく変わるものかも知れません。
しかし、一つ言えることは最近の名刺はただ、自分の会社や部署、名前を憶えてもらうためだけのツールではなく、その人のイメージや仕事、考え方に至るまで、あらゆるセンスが集約された伝達ツールになるということです。
センスが問われるというと、言い過ぎのように聞こえるかも知れませんが、決してそうではありません。
最近の名刺は会社名、肩書き、電話番号、メールアドレスだけでなく、その人の顔写真やサイン、イラスト化した自画像、社是などが入ったものもあります。
つまり、センスが問われるというのは、字体、色合い、大きさにレイアウトなどを使い分けて、小さな四角片の中に如何に自分を、会社をアピールするか、頭に記憶として残っていくかを左右するツールだからです。
目立つだけでは見た目が悪くなるし、スマート過ぎるとインパクトに欠ける、非常に難しいものですが、裏返せば重要なものであると言えます。