CONTENTS
「名刺 デザイン」
に関連するツイート
Twitter

出番14でお会いするフォロワーの皆さま、御縁があってご紹介して頂いた方々に失礼のないよう、うんこみたいな短文がついた名刺を作成いたしました。 恥ずかしくて死にそうです。 受け取って頂ければ幸いです。 名刺入稿した時にデザイン確認ナシにしたので失敗したらツイッターで上げます(バカ pic.twitter.com/MRkoOZNZST

Twitter藤さんちのおっさん@marybeaute

返信 リツイート 18分前

確かに画像のデザインSS名刺メーカーっぽい

《My Work》フリーランスデザイナー.印刷物制作(名刺・フライヤー・企業パンフ)/ロゴデザイン/イベント企画運営/ポートレートモデル/コンパニオン 他. #お仕事ください instagram→instagram.com/replaica/

ナゴヤで配る名刺が届きました! デザインは紫音さん(@Kohinata_violet )に描いて頂きました。 とても良いものになっているのでナゴヤ現地では多くの人と名刺交換出来たら良いなと思っております! pic.twitter.com/VvLZR1CBDQ

TwitterトムXX@ゆきすと❄️@kohinataP8810

返信 リツイート1 35分前

イベント、同人活動用の名刺、ショップカード、パンフレットのデザインをリーズナブルな価格でお受けいたします。趣味で作りたい方も大歓迎!!印刷入稿まで代行致しますのでご安心ください♪ シンプルでスタイリッシュなデザインをご希望の方に特におすすめ!お気軽にDMください! #名刺

Twitterもっちぃ@管理人⌘OTHer@motty_OTHer

返信 リツイート 44分前

【かわいいデザイン名刺】 いつまでもかわいくいられる♪大人ガーリーな小花柄名刺 meishi-love.jugem.jp/?eid=4724 #jugem_blog

Twitter名刺屋【名刺広芸&YOU】@youmeishi

返信 リツイート 12:46

RT @Kobatoon5884: #みなさんのプロデューサー名刺見せてください 表は藍子ちゃんの衣装風(笑顔のレセプション)デザインです! 合わせてスマホケースも作ってみました! ナゴヤドーム1日目現地です!名刺交換よろしくお願いしますm(_ _)m https://t.co…

Twitterこばとぅーん🌻デレ6thナゴド1日目現地@Kobatoon5884

返信 リツイート 12:41

ホームページ制作をお考えの方、ASEデザインへお気軽にお問い合わせ下さい。名刺やチラシ等の印刷物も承ります。ase-design.net

【お仕事募集】 現在来年1月作業からのお仕事募集しております ◆書籍の表紙やゲームイラスト、キャラデザ ◆漫画(一般向け、BL等) ◆UIやロゴ制作、名刺デザインなどその他お気軽にお問い合わせください。 できることは基本的になんでもやる何でも屋極です。 詳細ご相談はHPへk198kb.wixsite.com/trushtrunkno198

RT @m_kobayashi_me: 初noteです! デザインをやる高校生として、名刺案件で何を考えたかを世界観というテーマから書いてみました note.mu/m_kobayashi_me…

Twitterすどうまさゆき@sudou0815

返信 リツイート 12:17

名刺のデザインを考える

相手に印象を与えるスケルトンの名刺

相手に印象を与えるスケルトンの名刺 渡した相手に驚いてもらえる名刺として、スケルトン仕様のものが人気です。
スケルトンとは透明であったり裏が透ける素材を使ったもので、従来の名刺より見栄えが良いことから注目されています。
スケルトン仕様の名刺はどこでも作ってくれるというわけではないため、サービスを提供しているところを探してお願いします。お店によっていくつかのタイプがあり、好みや用途に応じて好きなものを選べるようになっています。
完全に透明なものを望んでいるなら、フィルムタイプで作成します。クリアフィルムにプリントするタイプで、名前などの文字だけがその場に浮き上がっているような仕上がりを楽しめます。
見づらく感じるかもしれませんが、机など何か無地のものの上に置けば文字もはっきり見えるので問題ありません。
カラー印刷をしたいのであれば、乳白色のフィルムを用いて作成します。うっすらと透けているのでスケルトン感が楽しめる上、ベースカラーの白があるおかげで原色の発色も鮮やかになります。  

これからの名刺はセンスが問われる

あなたにとって名刺とはどのようなものでしょうか。名刺に対するイメージ、考え方などは業界に役職によって大きく変わるものかも知れません。
しかし、一つ言えることは最近の名刺はただ、自分の会社や部署、名前を憶えてもらうためだけのツールではなく、その人のイメージや仕事、考え方に至るまで、あらゆるセンスが集約された伝達ツールになるということです。
センスが問われるというと、言い過ぎのように聞こえるかも知れませんが、決してそうではありません。
最近の名刺は会社名、肩書き、電話番号、メールアドレスだけでなく、その人の顔写真やサイン、イラスト化した自画像、社是などが入ったものもあります。
つまり、センスが問われるというのは、字体、色合い、大きさにレイアウトなどを使い分けて、小さな四角片の中に如何に自分を、会社をアピールするか、頭に記憶として残っていくかを左右するツールだからです。
目立つだけでは見た目が悪くなるし、スマート過ぎるとインパクトに欠ける、非常に難しいものですが、裏返せば重要なものであると言えます。