CONTENTS
「名刺 注文」
に関連するツイート
Twitter

名刺注文した!!! 今度はスタイリッシュな感じにカッコよくしました。 あと少し、デザイン界隈で言われている「余白」を気にしました。 しかしそれでも詰まってる感があるので、これはもうしょうがないかと。 あー来るの楽しみ。 見たい方は是非交換させてください。

Twitter波値末記(はちまき)@マンボウメンタル@hatimaki_create

返信 リツイート 2:03

よしゃー 別デザインの注文した また最小単位の25枚だし裏面は一緒だけど名前もアカウントも変わんないからいいや 鬼様スキーの筈なのになぜか今回も黒銀 鬼様名刺も作りたいなー

Twitter植@沼が増えた@Well_welling

返信 リツイート 1:24

こりゃ本当に名刺用意しなきゃいかんかな。どこに注文したもんか。

Twitterりゅ~&れーなmk2@konny0802mk2

返信 リツイート 0:02

さて…名刺注文はどこでしよう…このイラストそのまま名刺にしてくれるとこあるんか?

Twitterボド・J・ゆか🎲@yukariboardgame

返信 リツイート 0:01

といっても、名刺作りに4時間かかったが、自分ながら最高の出来ができたかもしれない。 あとは、余裕あるときに注文するかー。

返信先:@hzm_official 名刺切れそうなんで注文しますけど 他にも少なくなってるヒトいますか?

さて、無事に名刺注文したし、エブリスタも更新したし、何か書こうかな……

しごおわ、帰りました!! 1週間長かった⋯⋯ 何だかんだありすぎて大変でした😓 明日の休みを利用して そろそろ名古屋に行くための準備を始めよう 拠点となるホテルは押さえたので名刺作りかな?? 参加する方って何枚くらい持って行きます? とりあえず注文したペンライトよはよ来い(´・ω・`) pic.twitter.com/7CCbgrxBLT

Twitterむぎ@まゆすきすき🎀ナゴド両日参戦@mugio_P

返信 リツイート 昨日 22:33

皆作家業の名刺ってどこに注文してるんだろう… 実店舗?ネット?? どこかおすすめあったら教えてください〜(>_<)

Twitter和香月歌-わこうげつか@moonlit@wako_getsuka

返信 リツイート 昨日 21:57

返信先:@mikusisu 個人でコス等の名刺を製作している方に注文してます~

名刺のデザインを考える

名刺はデザインが重要

名刺はデザインが重要 会社に勤めている多くの人が名刺を作成しています、自分や会社の情報を伝える道具なので、氏名やメールアドレス、会社の住所など様々な情報が詰まっています。
通常は91mmと55mmで作成されますが、最近は形を変えることで印象の残る名刺を作ることもあります。
しかし基本的には名前やロゴなど必ず見て欲しい部分を邪魔しないようにデザインします。
伝えたい情報だけ特徴的な書体にすれば目を引きます。
注意を散漫にしないためには、色はあまり多すぎないのが良いです。
カラーバリエーションが多いと文字を認識しにくくなるので、最高でも3色に留めます。
意識して取り入れたいのは、企業のイメージカラーです。
ロゴがある場合は、それに使われている色がイメージカラーとして扱われています。
イメージカラーを見て、会社名を連想してもらえば印象付けにも役立ちます。
個人で名刺を作る場合は、色から受けるイメージと自分が相手に思われたいイメージを比べます。
例えばオレンジには明るさや親しみやすさ、緑は癒し、青は冷静などがあります。
一般的にビジネスでは明朝や楷書などが好まれますが、個人ではポップな書体にすることでカジュアルな印象を与えることができます。  

大量の名刺プリントアウトならプロに注文

何事にも個性が重視される平成の今日、名刺デザインもまた個性が尊重されます。
白地に黒文字のシンプルなデザインもまたシックな魅力がありますが、 いかにもビジネスライクな印象が少し玉にキズかもしれません。
またそういったシックなモノクロデザインの物は、大勢のサラリーマンが所有しています。
そのため、もらった側が「また、これか」といった印象になりがちです。
名刺の在庫が減ってきているのなら、デザインを一新するのに適した時期でしょう。
自分独自のデザインを挿入すれば、配布した相手に個性とインパクトを与えられます。
デザインソフトのIllustratorやPhotoshopを使い慣れている方なら、独自デザインがすぐに作成出来るでしょう。
後はAIやPSDデータで最終的に保存し、それをプリントアウトすればOKです。
ただ名刺のプリントアウト数が、数百単位であれば社内で進めるよりも、プロに注文した方が確実にお得になります。
特に凝ったデザインのデザインは、消費されるインク代も軽視出来ません。
プロの会社にプリントアウト注文をすれば、消費するカラー、用紙の数、デザインの内容に関わらず、一括で代金を支払うだけです。
ネット上からAIやPSDデータを直に入稿出来るサービスもあり、注文作業をネット上だけで完結させられますので、多忙な方でも問題はありません。  

recommend

大阪 デリヘル
http://www.pin-colle.net/
手コキ専門の風俗店
http://www.tekoki.net/

2017/1/19 更新